最近新しい車を手に入れようと思っていた人は、運がいい。現在の市場状況により新車はかつてないほどに買いやすくなっている。ディーラーは2020年モデル用のスペースを作るために、2018・2019年型の売れ残り在庫を処分したくて必死だ。これは賢いネットユーザーにとって有利にはたらき、信じられないほどお得に新車が確保できるようになる。

BMW SUV

現在、新車購入時に大きな割引を得ることが難しい大きな理由が2つある:

1. 旧モデルが売れる前に新モデルが登場する。
2. 前年モデルが過剰生産され、在庫過剰につながる。

この2つのシナリオはともに、消費者に大幅な値下げをもたらす。ディーラーは2020年モデル用のスペースを作らなければならず、売れ残り在庫を一掃するために駆けずり回る。

このような割引はどうやって探せばよいのだろうか? この記事を読んでいる人なら、必要なリサーチスキルは備わっている。ネットで探して比較するのが最もよい戦略だ。詳しくは以下を読み進められたい。

ガソリン、ハイブリッド、電気自動車

近年では、ディーラーは従来型ガソリン車の需要低下を経験している。一方、ハイブリッド車や電気自動車の需要は増加している。

明確にしておくと、従来型、ハイブリッド、電気自動車の違いは車が動力を得る方法である。従来型の自動車は内燃エンジン¹の動力をガソリンまたはディーゼル燃料に依存している。

ハイブリッド車にも内燃機関があり従来型自動車と同様ガソリンで動かせるが、電気モーターとバッテリーも備えている。これにより従来型非ハイブリッド車に比べ大幅に良好な燃料効率が得られ、大気汚染も減る。

完全電気自動車はハイブリッド車と異なり、まったくガソリンに依存しない。動力のすべてを電気で賄う。完全に大気汚染のないゼロエミッション車²と考えられている。² 機能する上でまったく燃料を必要としないが、定期的に充電が必要だ。

ハイブリッド車と電気自動車の需要の増加に呼応して、いくつかのことが起こった。まず、多くのディーラーが需要を過剰に見積もり、ハイブリッド車と電気自動車を多く発注しすぎた。すると売れないものを処分する方法が必要となるため、多くの場合価格を下げることでこれを行う。

また需要増加に呼応して、ディーラーは年々ハイブリッド車と電気自動車の新車をより多く発注するようになってきている。これはつまり、なんとか敷地内に収めなければならない新モデルを大量に抱えることを意味する。

2018・2019年モデルが売れ残った場合処分しなくてはならず、しかも早く処分しなければならない。敷地内に収めねばならない2020年モデル車が増えるほど、2018・2019年型車を置けるスペースは減る。これが意味することは?大きな値下げ幅とより買いやすい価格である!

お値打ち価格の見つけ方

お値打ち価格を見つける確率が高い方法は、ネットで探すことだ。ディーラーは店頭価格より安いネット限定価格をよく提供している。さらに、これなら交渉の手間もはぶける。

簡単なネットリサーチをすることで、地元ディーラーが提供するお値打ち価格や特典を見つけることができる。

また、複数の選択肢を比較することも検討しよう、購入する車メーカーの選択を柔軟に考えられる場合は特に。ディーラーが他のディーラーよりもよい条件の販促キャンペーンを行っていることはよくある。当然ながら、多少の手間をかけて調べてみるだけの甲斐は十分にある。

新車がディーラーに入り続け、旧モデルが重要でなくなるにつれ、ディーラーがセダン、SUV、クロスオーバー、ハイブリッド車、電気自動車、小型車に一様に驚きの価格を提示してくることが期待できる。

だから、新車購入を検討していた人にとって、今はお値打ち価格を見つけるのにとてもよい時期である。お買い得はいつまでも続かないので、鉄は熱いうちに確実に打とう。

関連トピック(広告):
車の選択肢を探す







[1] https://www.ucsusa.org/resources/how-do-hybrid-cars-and-trucks-work
[2] https://www.carsdirect.com/green-cars/what-is-the-difference-between-a-hybrid-car-and-an-electric-car